子供乗せ電動自転車を選ぶ際に、どのように選べば良いかをご紹介します。ご参考にしてください。

子供乗せ電動アシスト自転車の4タイプ

子供乗せ電動自転車選び方

子供乗せ電動アシスト自転車は図のように4つのタイプに分類できます。

タイプ1:20インチ フロントチャイルドシート標準装備タイプ

20インチ フロントチャイルドシート標準装備タイプ

20インチ フロントチャイルドシート標準装備タイプとは、20インチのタイヤの電動アシスト自転車の前にチャイルドシートが標準装備されている電動アシスト自転車のことをさします。

特徴としては、
・小回りが利く
・停車の際やゆっくり走るときは小さいタイヤの方がふらつきにくい
・お子様の乗せ降ろしがラク
などが、あげられます。

以下の方にお勧めです。
・お子様から目が離せない
・走行安定性を重視している

※標準装備のフロントチャイルドシートを外して普通の電動アシスト自転車としてご使用いただけます

タイプ2:20インチ リアチャイルドシート標準装備タイプ

20インチ リアチャイルドシート標準装備タイプ

20インチ リアチャイルドシート標準装備タイプとは、20インチのタイヤの電動アシスト自転車の後ろにチャイルドシートが標準装備されている電動アシスト自転車のことをさします。

特徴としては、
・前カゴを活用できる
・小回りが利く
・停車の際やゆっくり走るときは小さいタイヤの方がふらつきにくい
・お子様の乗せ降ろしがラク
などが、あげられます。

以下の方にお勧めです。
・お子様と意思の疎通ができる
・お子様を乗せている時間が長い
・走行安定性+利便性を重視している

※標準装備のリアチャイルドシートを外して普通の電動アシスト自転車としてご使用いただけます

タイプ3:26インチ リアチャイルドシート標準装備タイプ

26インチ リアチャイルドシート標準装備タイプ
26インチ リアチャイルドシート標準装備タイプとは、26インチのタイヤの電動アシスト自転車の後ろにチャイルドシートが標準装備されている電動アシスト自転車のことをさします。

特徴としては、
・前カゴを活用できる
・スピードを出すほど安定します
・道路の細かい凸凹にも影響されにくいので長時間乗っても疲れにくい
などが、あげられます。

以下の方にお勧めです。
・お子様と意思の疎通ができる
・お子様を乗せている時間が短い
・一人での長時間走行を重視している

※標準装備のリアチャイルドシートを外して普通の電動アシスト自転車としてご使用いただけます

タイプ4:チャイルドシート標準装備なしタイプ

チャイルドシート標準装備なしタイプ
購入直後にお子様を乗せる訳ではなく、フロント、リアどちらに乗せるかを決めていない場合はチャイルドシート標準装備なしの電動アシスト自転車がおすすめです。

条件で選ぶポイント

条件1:タイヤの大きさを決める

お子様を乗せている時間が長い人は、20インチがおすすめです。
お子様を乗せている時間は短く一人で乗っている時間が長い人は、26インチがおすすめです。

条件2:お子様の年齢によってチャイルドシートの位置を決める

お子様小さく常に見守る必要がある場合は、安定性重視のフロントチャイルドシート標準装備がおすすめです。
お子様がコミュニケーションを取れていて、前のカゴに荷物を入れるする人は、実用性重視のリアチャイルドシート標準装備がおすすめです。
※子供の体重などによってメーカーで推奨していますのでご購入の際にはスタッフにご相談ください。

注意!お子様を二人乗せる場合

お子様を二人乗せる場合は、「幼児二人同乗基準適合車マーク」がある車両を選ぶことも大切なポイントです。
安全性やフレームの強度が保証された車両になります。

電動自転車子供乗せ 幼児二人同乗基準適合車マーク